読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

手すり

おれブログかく。

天草は長崎県だと思ってました。

 

 

 

 

家族旅行に行くとなるとおくさんの意見を聞く。寒いところが好きじゃないし、海が好きだから九州になりがちで、今回は天草あたりは窯もあるし、温泉もあるし、海もあるからゆっくりするにはいいだろうと思ってのことです。金曜日と月曜日を休んで4日間。おれは夏にいっぱい働いたからそのくらい問題ないのである。

初日。まずは飛行機に乗ろうとしたけど、荒天でJRがメチャクチャになってる。ラッシュアワーだけど、鈍行でいけば問題ないと思っていたのに、気づけば鈍行列車でもみくちゃにされてた。途中で降りて、タクシーで羽田空港に行った。むすこさんが泣き出さなかったのが不幸中の幸いですわ。飛行機は定刻通り。空港から仕事の電話を2本ぐらいして、丸く収めて飛行機に乗った。ソラシドエアーのCAさんのグレーのワンピースはシックだよね。

長崎空港に降りると、東京とは違う空で太陽が眩しいから旅行感高まって良い感じです。いざ、天草を目指しドライビングサウス。メスカリンドライブ。

f:id:horie77:20151002142346j:plainお昼ご飯は喫茶店でトルコライス、ちゃんぽん、シャーベット状のミルクセーキ。どれも見た目通りの味です。さらにドライブを続けて、口之津港からフェリーで天草へ渡る。むすこさんはガボーンっていうエンジン始動音で軽く泣き出してました。f:id:horie77:20151002154505j:plain

それでも30分程で天草へ渡って、民宿にチェックインする。夕日を見に浜辺に出ると、むすこさんが砂遊びを始めて、挙句に砂を口に入れたので、夕食を食べに戻る。期待通りの魚類大行進。刺身、煮魚、ゆで蟹、伊勢エビ

風呂は近所の立ち寄り湯はトロ湯で良い感じ。

 

2日目はイルカウォッチングから始める。むすこさんはいきなり号泣。f:id:horie77:20151003100756j:plain

写真だと、遭難したみたいですね。1時間ほどの洋上で55分泣いて、最後の5分で寝てました。一番喜んだのはおくさんでした。おめでとうございます。

そのあと、窯めぐり。まずは市山くじらやさん。女性の作家さんで、可愛らしい器が多いです。おくさんが小皿買ってました。そこからうつぎ窯さんへ。挫けるほど遠くにある。作家さんには会えませんでしたが、おかみさんが応対してくださりました。おくさんが急須を気に入ったようで、一ついただきました。長年にわたる我が家の急須問題が解決しました。ありがとうございます。

 

3日目はまずは水族館へ。イルカとのふれあい500円。例によってむすこさんはビビってます。おくさんは喜んでます。おくさんはイルカは毎日検温するけど、検温するのに、肛門に体温計を差し込んでるという話で喜んでました。

f:id:horie77:20151004091429j:plain

写真は検温前のイルカです。

その後、天草をはなれて熊本へドライブ。市内でまずは窯ではなく、織庵というお店へ。買ったのは滝室窯というところの小皿ですが。とても良い色ですわ。最近黒い器が気になるので、他も欲しかったけど我慢しました。おれえらい。

takimuro.exblog.jp

 昼ごはんは熊本だからラーメンだろうということで、適当に調べたら北熊ラーメンというのが良いらしいからそこにしました。

結論、うまいよ。ラーメンが美味しいし、さらにキムチが食べ放題なんです。すごいですよね。とろみのある豚骨ラーメンにキムチが合いまくって無限に食べられる感じですよ。お店の内装も赤い感じでたのしいです。

 

宿は会社の大先輩推薦のお宿へ。山暖簾という名前で、その通り山奥にあるんだけど、えらい近代的な建物(黒川紀章らしい)で、よい感じ。お湯も豊富でばんざい。

翌日は有田の直売センターに行って、さらに波佐見で白山陶器にいって、我が家のステーキ皿問題と、デザートフォーク問題と、れんげ問題、蓋物問題を解決しました。とくに蓋物は、いままでもらった錦松梅の器だったので、だいぶランクアップしました。やったね。

 

最期にgoogle mapで行く前に作ったマイマップをあげておきます。旅行前はこれの編集に夢中になって、仕事の業務時間を当てたりとか一切していないことをここに誓います。

有明海一周うつわ地獄旅行

 

旭川にも行くんですよ。

めまいがするほど仕事が忙しかったけど、ダイニングテーブルを買うという責務は果たさないといけない。それ、約束だから・・・

いろいろ調べたら、福岡県の大川、北海道の旭川あたりが頑張ってるようでありがとうございます。信州松本もがんばってるけど、こてこての民芸調だからちょっと違う。すると福岡か、北海道。いずれにしても買うとなると、大きな買い物だから、一度は見てみたい。行くならどっちかといえば、ちょうど展示会があるようだし、動物園もあるし、なんか、工房も素敵なのが多そうだし、ということで旭川に家族で行ってきました。2泊3日で初めての旭川でばんざいです。

初日は移動と旭山動物園。動物園に着いたのが2時頃だったのが良い感じで、平日ということもあってゆっくり見られて満足しました。おくさん大喜び、むすこさんギャン泣き。

むすこさん。旭山動物園の売りは迫力のある行動展示ですが、それが全て裏目にでてました。ペンギンで引き気味、シロクマのパクパクショーで号泣、アザラシで怯えて、ライオンでまた号泣。唯一いい感じで見てたのはアヒルだけ。あとは遠くに見えるシカを指差して遊んでました。

 

f:id:horie77:20150831234413j:plain

シロクマの迫力に号泣。

 

f:id:horie77:20150626140942j:plain

ペンギンの素敵さに引き気味。

f:id:horie77:20150831234422j:plain

ごろにゃーんをするライオンに号泣。

たまたま居合わせた、ペヨンジュンみたいなにいちゃんが、うちのむすこさんの号泣ぶりに爆笑してたのがすごく印象に残ってます。楽しんでいただけましたでしょうか。

 ともあれ、おくさんは喜んだのでOK。そして晩御飯はジンギスカン。当然おいしいです。食後にお店を出ると、半袖なのを後悔するような、6月とはいえさすが北海道という涼しさでした。

 

2日目は旭川デザインウィークという、家具の展示会へ。おれはこれがメインのつもりでしたが、おくさんはさっさとここを終えて、牛の乳しばいて、ひつじもふもふする気満々でした。

f:id:horie77:20150831234429j:plain

 展示をぶらぶら見て、面白かったは、木彫の熊の展示。有名な作家さんの作品はすごく格好良くて、一個欲しいなと思ったら、すごい値段なので感心しました。でも、まあ、喰われるならこんな熊、みたいな。

肝心のダイニングテーブルはネットで下調べしていたところを中心に訪問。想像通りの良い感じなので見積を依頼しました。ウホウホ。

応対してくださったお店の人は、実際の職人さんだそうで、まだ若い様子でした。旭川は職業訓練校の家具コースが非常に優れているそうで、そのため若い職人さんが多く、いま風な家具を作れる工房が多いのだそうです。うちのむすこさんも旭川とかどうだろうか。おれも遊びに来たいし。

そのあと、おくさんの期待するところの観光牧場へ。乳搾りをしたのですが、途中で牛さんが暴れて、おれのスニーカーが原乳まみれになりました。ありがとうございます。

f:id:horie77:20150831234434j:plain

f:id:horie77:20150831234438j:plain

柵の向こうのひつじぐらいなら、なんとか笑顔。

2日目の晩御飯は居酒屋さん。むすこさんが店員さん(美人)にデレデレしてました。

 

で、買ったダイニングセットが届きました。ウヘウへ。ってか、壁のペンキも早くやらんといかん。

f:id:horie77:20150822175952j:plain

 

こちらからは以上です。

眠れぬ夜に聴く5曲

1.イルリメ たれそかれ

youtu.be

 

2.Neil Young Helpless

youtu.be

 

3.テレサテン 南海姑娘

youtu.be

 

4.Carole King You've got a friend

youtu.be

 

5.大瀧詠一 雨のウェンズデー

youtu.be

 

毎週シュウマイ

今日はシュウマイを作りました。ありがとうございます。反省点はせいろに入れる時にキャベツや白菜がなかったので、シュウマイをせいろに直置きしたら張り付いたことです。心を鬼にして小松菜を敷けばよかったです。

シュウマイは皮30枚で250グラムのひき肉ということで、最初のうちは肉を30等分したりしたのですが、あまりそういう風にするとわけわからなくなったり、やってて楽しくないから、ある程度適当に、「おれの中のシュウマイ」を、自分の感覚を信じて作ったほうがやりやすいですから、がんばりましょう。

シュウマイを包む時に、ヘラみたいなのがあるといいのですが、薬品さじをつかいました。理科の実験で使うやつで、中学2年生の時に手に入れてから、かれこれ20年ほど愛用しています。

ちなみにおくさんは先日計量カップを割りました。ご苦労様です。

ココアをいれる時にダマをつぶすのにも、硬いアイスクリームにもステンレスで丈夫だから平気。豆板醤のビンも、ジャムのビンもスッと長いから奥まで届いて素敵。細身でカーブが薄いので、息子の口にもスッと入るから離乳食にも便利。シュウマイ包むのにも便利。

しかも驚きの安さと、ミニマムデザインの格好よさ。ぜひ一家に一本。

www.tech-jam.com

 

あと、シュウマイの材料を買いに行った時のスーパーで見かけました。メガネ屋さんの広告ですが、やるならちゃんとやったほうがいいですよね。

f:id:horie77:20150510160049j:plain

ゴールデン何某

ゴールデン何某で休みでした。ありがとうございます。ごはん作ったり、子供をお風呂に入れたりしてたら、けっこうすぐ終わりました。慣れないものでてんやわんやで、ご飯をお風呂に入れそうになりました。うそです。

 

我が家は現在、ダイニングテーブル選びが目下進行中です。いろいろ見て歩いているのですが、見すぎてだんだんわけがわからなくなってきました。

そんな中、北海道の旭川が家具の産地として名高く、販売センターも整備されているらしいことを知りました。6月末に旭川でイベントがあるそうなの(これです。)で、即売目当てで調べてみましたが、一番良い時期の北海道ということで、すでに飛行機のチケットが無い様子で、残念なような、ほっとしたような。あーでも、圧倒的な物量のところに行って即決したいなあ。

こないだとある家具のショールームに向かう時に見かけた緑色のパイロンの写真が以下になります。なんか怖いので写真を撮りました。

f:id:horie77:20150502154702j:plain

あと、おくさんは100円均一ショップが好きなので、一緒に行きました。どんなものも100円で売ってやるという執念みたいなのが面白いのですが、今日見た商品は、フリスビーみたいなスポンジなんですけど、模様が野球のボールっていうわけのわからない商品で、なおかつ、「水を含ませると水しぶきあげて飛ぶよ」って書いてあってさらにカオスでしたが買いませんでした。投げ合うのにいちいち水に浸して投げるってことはなかろう。

f:id:horie77:20150506141217j:plain

家に着いたら、おくさんが手配していた、息子さん初めてのレゴブロック、デュプロが届いてました。おれも小さい頃にレゴでよく遊んだので、ちょっと拝借してマッドマックスに出てきそうな車を作りました。

  1. トゲトゲが多いこと
  2. 空力は無視すること
  3. 人間が露出していること

というのを念頭において作ったのが下の写真です。トゲが少ないのはわかってます。ガソリンを持ってこーい。今度の新作の予告編を見ましたが、すごく楽しそうです。トム・ハーディバットマン以来のマスク着用で、マスクが好きなんですかね。

f:id:horie77:20150506171851j:plain

あと、義理の弟が新婚旅行で行ったハワイの土産に、コナコーヒーをもらいました。初めてコナコーヒーって聞いたのは、10年とか前だと思いますが、コナと粉で混乱しましたよね。

乾物ってどんだけ増えるかわからないから難しいですよね。どんだけ〜

休みの日にご飯を作ることがあって、それが今日だった。バスで公園に遊びに行った帰りに、おくさんと話し合ってアジフライを家であげることになった。そのときはまだ、どっちが作るか決めてなかったけど、後から俺が揚げることになりました。つけあわせはトマトときゅうりのサラダ、ひじきの煮たやつとみそ汁にしました。

じつはフライを一人で揚げるのは初めてだけど、いままでいろんなトンカツ屋さんに行った経験を思い出してイメージトレーニングしてやってみたら、案外うまくいきました。おそろしかったのは生のホタテで、ヒモまで付いてたからよくわからなくなったけど、怖くなってエイヤで揚げたら結構美味しかったので、イトーヨーカドーはえらいと思います。

案外失敗したのは、ひじきの煮物で、ひじきを戻したら恐ろしい量になった。実家に人が集まったときみたいな量のひじきが出来上がって、責任感じてもりもり食べたけど焼け石に水というか、ひじきに水としか言い様がない。とりあえず残りは、実家からもらったジップロックに入ってる。

 

 

カンバーバッチさん、ドクター・ストレンジやるんじゃなかったっけ。

映画館に行って、イミテーション・ゲームを見てきたよ。アラン・チューリングの伝記映画ですが、ベースになってる事実のエピソードがもう強烈ですわ。ゲイの天才数学者が誰も解けないナチスドイツの暗号を計算機を開発して解読したけど、その事実は数十年秘密にされたという。麻雀だったら軽く跳満ですわ。12,000点でしたっけ。

 

キャストもベネディクト・カンバーバッチキーラ・ナイトレイが出てればまあ問題ないですよね。カンバーバッチ先輩が変人・天才役やって外すわけがございません。キーラ・ナイトレイの美貌も相変わらず素晴らしい。いま、Wikipedia見たら彼女の貧乳について結構な分量かかれててありがとうございます。幼年期のアランを演じた子役も大変演技が上手で、関心しました。やっぱり役者の層が厚いよな。

 

一応のアラン・チューリングに関する事実は知っててそれから見に行ったのですが、案外映画に引き込まれておりました。展開がテンポよくて、見たいスピードで話が進む感じ。だからエニグマの解読の瞬間とか、本当にしびれた。

 

見ながら考えてたのは、カンバーバッチ演じるアラン・チューリングがわがままな天才なんですけど、自分だったら一緒に働けるかなということ。暗号の解読が一向に進まないのに、訳のわからん機械ばかりに注力する同僚と、いかにうまくやって、成果を上げるか。天才を信じるか、信じないか。気持ちとしては信じたいけど、目の前にいたら自信がない。今のところの結論は、今の会社には天才はいないから、いなくて良かった。天才はめんどくさい。

面白い映画なので、観ると良いです。

 

それと関係ないけど、毎回行ってるシネコンは地元の自動車教習所のCMが必ず上映前に流れます。手作りCMだから見ているこっちが恥ずかしくなるんだけど、何がイラつくって、CMに出てる教習所の先生がだんだん演技が上手くなってるのが一番イラつくんですよね。しゃばっ気出しやがって、みたいな。いいんですけど。