読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

手すり

おれブログかく。

天草は長崎県だと思ってました。

 

 

 

 

家族旅行に行くとなるとおくさんの意見を聞く。寒いところが好きじゃないし、海が好きだから九州になりがちで、今回は天草あたりは窯もあるし、温泉もあるし、海もあるからゆっくりするにはいいだろうと思ってのことです。金曜日と月曜日を休んで4日間。おれは夏にいっぱい働いたからそのくらい問題ないのである。

初日。まずは飛行機に乗ろうとしたけど、荒天でJRがメチャクチャになってる。ラッシュアワーだけど、鈍行でいけば問題ないと思っていたのに、気づけば鈍行列車でもみくちゃにされてた。途中で降りて、タクシーで羽田空港に行った。むすこさんが泣き出さなかったのが不幸中の幸いですわ。飛行機は定刻通り。空港から仕事の電話を2本ぐらいして、丸く収めて飛行機に乗った。ソラシドエアーのCAさんのグレーのワンピースはシックだよね。

長崎空港に降りると、東京とは違う空で太陽が眩しいから旅行感高まって良い感じです。いざ、天草を目指しドライビングサウス。メスカリンドライブ。

f:id:horie77:20151002142346j:plainお昼ご飯は喫茶店でトルコライス、ちゃんぽん、シャーベット状のミルクセーキ。どれも見た目通りの味です。さらにドライブを続けて、口之津港からフェリーで天草へ渡る。むすこさんはガボーンっていうエンジン始動音で軽く泣き出してました。f:id:horie77:20151002154505j:plain

それでも30分程で天草へ渡って、民宿にチェックインする。夕日を見に浜辺に出ると、むすこさんが砂遊びを始めて、挙句に砂を口に入れたので、夕食を食べに戻る。期待通りの魚類大行進。刺身、煮魚、ゆで蟹、伊勢エビ

風呂は近所の立ち寄り湯はトロ湯で良い感じ。

 

2日目はイルカウォッチングから始める。むすこさんはいきなり号泣。f:id:horie77:20151003100756j:plain

写真だと、遭難したみたいですね。1時間ほどの洋上で55分泣いて、最後の5分で寝てました。一番喜んだのはおくさんでした。おめでとうございます。

そのあと、窯めぐり。まずは市山くじらやさん。女性の作家さんで、可愛らしい器が多いです。おくさんが小皿買ってました。そこからうつぎ窯さんへ。挫けるほど遠くにある。作家さんには会えませんでしたが、おかみさんが応対してくださりました。おくさんが急須を気に入ったようで、一ついただきました。長年にわたる我が家の急須問題が解決しました。ありがとうございます。

 

3日目はまずは水族館へ。イルカとのふれあい500円。例によってむすこさんはビビってます。おくさんは喜んでます。おくさんはイルカは毎日検温するけど、検温するのに、肛門に体温計を差し込んでるという話で喜んでました。

f:id:horie77:20151004091429j:plain

写真は検温前のイルカです。

その後、天草をはなれて熊本へドライブ。市内でまずは窯ではなく、織庵というお店へ。買ったのは滝室窯というところの小皿ですが。とても良い色ですわ。最近黒い器が気になるので、他も欲しかったけど我慢しました。おれえらい。

takimuro.exblog.jp

 昼ごはんは熊本だからラーメンだろうということで、適当に調べたら北熊ラーメンというのが良いらしいからそこにしました。

結論、うまいよ。ラーメンが美味しいし、さらにキムチが食べ放題なんです。すごいですよね。とろみのある豚骨ラーメンにキムチが合いまくって無限に食べられる感じですよ。お店の内装も赤い感じでたのしいです。

 

宿は会社の大先輩推薦のお宿へ。山暖簾という名前で、その通り山奥にあるんだけど、えらい近代的な建物(黒川紀章らしい)で、よい感じ。お湯も豊富でばんざい。

翌日は有田の直売センターに行って、さらに波佐見で白山陶器にいって、我が家のステーキ皿問題と、デザートフォーク問題と、れんげ問題、蓋物問題を解決しました。とくに蓋物は、いままでもらった錦松梅の器だったので、だいぶランクアップしました。やったね。

 

最期にgoogle mapで行く前に作ったマイマップをあげておきます。旅行前はこれの編集に夢中になって、仕事の業務時間を当てたりとか一切していないことをここに誓います。

有明海一周うつわ地獄旅行