読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

手すり

おれブログかく。

プーラー

またプールに行っている。忘れたころに行くようになる。

プールに行く道は、区の庭園を通っていくのだけど猫がいる。パッと見で4匹ぐらいいるので、猫ちゃん天国になっているようだ。しかし触らせてくれない。

プールに行くと、休みの日に行くことが多いので、子供がよくいる。順に泳ぐことになるのだが、子供はあまり速いわけではないけど、疲れを知らないので結局いい勝負になる。だから疲れる。

プールの子供はだいたい、父親ときている。父親の子供への接し方がいろいろ見られるのも面白い。淡々と子供に指導をする親もいれば、子供を笑わせまくるお父さんもいる。

笑ったのは、プールから更衣室への通路で、とあるお父さんが「プール楽しかったひとー!」って言ったら子供が「はーい!」って。家でもあんな感じなんだろうな。

「総選挙はデキレースだと思うひとー!」「はーい!」

「並ぶほどの味だとは思わないひと―!」「はーい!」

「大学当局はブルジョア的思想に毒されていると思うひとー!」「はーい!」

とかね。

そういうことを考えながらまた猫のいる道を通るけど、やっぱり触らせてくれない。