読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

手すり

おれブログかく。

7日目。

しまなみ海道の続きと今治、id:pwzとのはてなトップ会談。
伯方島にもどる。船を待っていると保育園児が引率されてワラワラ集まってきた。「何してんの」などと気さくに話しかけてくる。ヘルメットに興味がありそうだったからかぶせてやった。一人女の子にもかぶせてやったら、なぜかヘルメットを頭に乗せたまま「取ってー」とか言いやがった。女の子はいつでも手間がかかる。
船に乗る。昨日の反省から自転車を畳んで手荷物とした。しれっと500円節約。自転車を組み立てて乗り出すと、伯方島から今治までは2時間もかからず到着。途中に変なバス停。カレイって地名なのか。もう片方の余所国ってすごいぞ。別の国だし。カレイが浄園を通って余所国に行くわけです。メルヘンですよね。

お昼ご飯を探す。今治ではB級グルメの焼豚卵飯が盛り上がっているらしい。重松飯店
重松飯店 シゲマツハンテン - 今治/中華料理 [食べログ]
という有名なお店が近かったので行ってみた。店はそれなりに混んでる。順当に焼豚卵飯を頼んだ。出てきたそれは想像したとおりの代物で、味もその通りだった。不味いはずがない程度には美味い。食べたことを15分で忘れるぐらいのうまさ。
タカハシくんとの合流まで時間があったので、タオル美術館に行くことにした。会社の上司が薦めていたけど、他の人は誰一人として薦めてこなかったので行くことにしたのだ。今治駅から片道14キロ。けっこう遠かった。感想は一言、微妙。中世のヨーロッパのお城みたいな建物なのに、入っているレストランが中華とか。
そのあと駅までの帰り道にコーヒー飲んだりして、マンガ喫茶へ。時間をつぶしてタカハシくんの仕事が終わるのを待った。お店の予約は8時だが、タカハシくんの仕事が終わらない。店がもつ鍋やなので、一人居酒屋、更に鍋、金曜の夜の繁盛店という放置プレイの極北を味わう。
そのうちタカハシくんからメールで「車がこわれた」。後で聞いた話だが、高速を走っていたら突如60キロしか出なくなり、待避所に入ったらそのまま動かなくなったらしい。レッカーを待っている間に凍えて死にそうだったと言ってた。
結局合流したのは11時過ぎでおもしろかった。タカハシくんは夏に車が横転して廃車になったのだ。その後に買ったのが今回の車で、35万円払ったのに2週間でこんなことになった。
タカハシくんはお店の店員さんと懇意らしく、イケメンの店員さんを捕まえて「カットソーって何?」とか「そのメガネどこで買ったん?」などと絡んでいた。
タカハシくんは時折保険会社に電話を掛けて保証内容を確認していた。夏に一度経験しているのでかなり手慣れている。