読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

手すり

おれブログかく。

ePlusの会員なもんで、メルマガからラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2010のチケット発売を知りました。
http://www.lfj.jp/lfj_2010/
去年は出来心で行ってみようとしたら、ほとんどチケットがなくて悔しい思いをしたので本日午前中、がんばらせていただきました。まず持ってこのイベント名を正確に覚えられる気がしない。日本語名の「熱狂の日」ですら、いま検索かけるときに「発狂の日」とタイプミスしたしね。
チケットを取るにあたっては、全く知識がないので、時間とタイトルだけが判断材料でした。以下にチケット取った公演をコピペ。
つきましては周辺情報および予習に関する情報を募集しております。これ聴いておけ、とか読んでおけとか。何でこれ観てこれ観ないの?とか、そういう突っ込みも含めてどうぞ。勉強させていただきます。

公演番号312
郷古廉(ヴァイオリン)
東京都交響楽団
小泉和裕(指揮)
メンデルスゾーン:交響曲第4番 イ長調 op.90「イタリア」
メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲 ホ短調 op.64

公演番号314
ルネ・マルタンのル・ク・ド・クール(ハート直撃コンサート)”
オルガ・ペレチャツコ(ソプラノ)、レジス・パスキエ(ヴァイオリン)、ボリス・ベレゾフスキー(ピアノ)、ヤン・ルヴィノワ(チェロ)、アダム・ラルーム(ピアノ)
ウラル・フィルハーモニー管弦楽団
ドミトリー・リス(指揮)
ロッシーニ:ああ!ふさわしい花婿に(オペラ「ブルスキーノ氏」より ペレチャツコ)
ドニゼッティ:あたりは沈黙にとざされ(オペラ「ランメルモールのルチア」より ペレチャツコ)
パガニーニ:ヴァイオリン協奏曲第2番 ロ短調 op.7「ラ・カンパネラ」より第3楽章(パスキエ)
ショパン:チェロ・ソナタ ト短調 op.65よりアダージョ
プログラム未定

公演番号337
クレール・デゼール(ピアノ)
趙靜(チェロ)
マーク・マーダー(コントラバス
白尾彰(フルート)
浅間信慶(オーボエ)
澤村康恵(クラリネット)
河村幹子(ファゴット
大野雄太(ホルン)
カルクブレンナー:大七重奏曲 イ長調 op.132
フンメル(ワルター編曲):木管五重奏のためのパルティータ 変ホ長調

公演番号348
「ヘクサメロン」変奏曲(ベッリーニ清教徒」の行進曲による)
ジャン=クロード・ペヌティエ(ピアノ)
海老彰子(ピアノ)
小曽根真(ピアノ)
クレール・デゼール(ピアノ)
広瀬悦子(ピアノ)
アダム・ラルーム(ピアノ)
リスト(クロンケ編曲):交響詩「前奏曲」(4台ピアノ版)
リスト、タールベルク、ピクシス、ヘルツ、ツェルニー、ショパンによる、ベッリーニ清教徒の行進」に基づく「ヘクサメロン」変奏曲(ジャン=クロード・ペヌティエによる6台ピアノ版)

最後のこれ、ピアノ6台ってすごいな。ボアダムスみたいだな。向こうは50台だけど。しかもドラム。
これだけいたら一人ぐらいサボっても・・・いや、ウソです。

しかしまあ、先行予約というのもあるけれど、一枚づつだからチケット買いやすいことこの上ない。一人身の数少ないメリットですわ。ははは。