手すり

おれブログかく。

受験生(42歳サラリーマン)

今日まで10日間ぐらい、おくさんはこども二人を連れて実家に帰っていた。理由はおれが受験勉強をしたいと言ったからで、その受験というのはIPAシステムアーキテクト試験なのである。去年も実は受けていて、不合格であった。試験は4つ科目があり、午前1、午前2、午後1、午後2とある。午前はマークシートのクイズ問題、午後は記述と論文試験。無事合格の暁には、会社から資格手当がもらえる。やったね。裏を返せばそれなりに難しい試験というわけである。そして今日が試験なのであった。毎年10月の第3日曜日で、この日は同じく毎年宅建と被っている。実はどちらを受験するのか、ちょっと迷ったのだ。なぜかといえば、最近のカミンスカス操を代表とする地面師の活躍から、不動産業会が面白く思えて、宅建とったらもっと楽しめるのではないかと思ったからだ。実際に参考書を1冊買ってある。

とはいえ、システムアーキテクトの方は中途半端にできないし、昨年の成績で午前の1科目が免除になっていることもあり、妥当に受験する運びとなった。で、久しぶりの一人暮らしで受験勉強というシチュエーションに遭遇し、勉強に過剰に集中した。ベンキョウタノシイ。オレ、ベンキョウスル。気晴らしには家事を積極的にやった。先日ブログに書いた通り、庭をいじり、やかんを重曹でこすり、カレーとワンタンとトマトソースを作り、冷凍した。そのほかにはついカッとなってアマゾンで本を買った。

日本の異国: 在日外国人の知られざる日常

Newtonライト『古代エジプトのきほん』 (ニュートンムック)

世界の食べもの――食の文化地理 (講談社学術文庫)

歴史修正主義とサブカルチャー (青弓社ライブラリー)

CRAZY TRIP 今を生き抜くための“最果て"世界の旅

受験会場は大学で、宅建と同じ会場であった。入り口には宅建の看板しか出てないから、間違えて宅建に申し込んだのではないかと一瞬焦ったが、そんなはずはない。恐れずに会場に入ると、隅っこに紙が貼ってあった。宅建とは違って、おっさんがたくさんいた。斜め前のおっさんが面白くて、昼ごはんにカップラーメンを持ってきていた。目を疑った。おっさんは午前の試験が終わり、監督が解答用紙の枚数を確認している沈黙の最中、すでにカップラーメンを取り出し、机の下でビニールを剥がし始めてベリベリベリと爆音を立てていた。そしてその音に自分で驚いて、慌ててカップラーメンを机の下に隠していた。昼休みになり、お湯はどうするのかと他人事ながら心配してみていたら、なんと荷物から普通のペットボトルを取り出して、そこから水を注ぎ始めた。おそらく水でふやかしたところを食べるつもりなのだろう。知識として水でもできるというのは聞いたことがあるが、試験の昼休みにやらなくても良くない?システムアーキテクトという資格の恐ろしさを垣間見た。おっさんはカップラーメンを手に持って外に出て行ったので実際に食べるところを見られなかったのが残念。

で、大事な試験の手応えは、まあ、受かるかもしれんし、そうでないかもしれない、と言った感じで、おくさんにもふんわりと見通しを告げた。受かってたらいいなあ。

試験は夕方に終わり、おくさんと子供が新幹線で戻ってくるのに品川で合流した。下のむすこがなんか、知らんおっさんを見るような目でおれのことを見ていたので、自己紹介をして、一緒に家に帰った。

ビーズ

いきなり思い出したので書いておく。

中学生の時に、一度だけ、「中2コース」という雑誌を買ったことがある。この雑誌は今でもあるのかわからないけど、定期テスト対策や恋の悩みとか、その世代の学校生活に即した記事が載った月刊誌だったと思う。それを読んだ時に衝撃を受けたのが読者投稿コーナーだった。雑誌の事件はいつも読者投稿のコーナーで起きるよね。

投書は女性で、おそらく中2なんだろう。主張は以下のような内容であった。B'zについて。稲葉さんばかりが人気だが、B'zの音楽は松本さんあってのもので、稲葉さんばかりがもてはやされる現状は認められない、皆もっと松本さんを評価するべきである。という趣旨で、もっとカロリーの高い言葉が使われていたと思う。

それを読んで、めちゃくちゃ笑って、今でも年に1回ぐらい思い出す。

きっと稲葉人気へのジェラシーなんだろうけど、何でまた彼女は松本方面に行ったのか、その分岐点(?)はどこにあるのか、思い出すたびに不思議に思う。

ちなみにそれを読んだ時におれはまだB'zを知らず、ビーゼットだろうかと考えていたのだが、別の機会に「ビーズ」だよ、と名うてのヤンキーに教えてもらった。

 

 うちはマンションだけど一階だからちょっとだけ庭がある。放っておくと草ボーボーになるからどうにかしないといけない。
 おくさんはたまにトマトとか植えてたけど全く世話をしないからトマトもボーボーになって、最後に抜くのはおれがやる羽目になる。そんな中、おくさんが逆転満塁ホームランを打ったのが去年。某園芸用品やさんの懸賞に当たって、プロによる庭全体のガーデニング一式を手に入れたのだ。プロがうちにきて、現地を調査し、花壇から何から何まで無料でやってくれると言う。そして現実に草を抜き、花壇を2台も作り、鉢植えを置き、花で我が家の庭を満たしていった。見違えると言うよりもそれはほぼ別の庭になったぐらいのインパクトで、隣の住人も驚いて自分たちの庭を慌てて手入れするほどだった。比較されるのが嫌だったんだろう。
 しばらくはその恩恵に預かっていたけど、それも半年ほどで、手入れの仕方がわからないから、ずっと維持することはできなかった。またおくさんはプチトマトを植えて、野放図に伸びた中からを数回収穫して終えた。
 おくさん庭に対して自分で手を動かす気持ちはないようなので、おれが手入れをすることにした。もう何をして文句を言われないのだ。とりあえず枯れたものを引き抜いて、伸びすぎたものは切り戻しをした。そう、何を隠そう「切り戻し」というのも今まで知らなかった。確かに伸びすぎるもんね。
 次には枯れたものを廃棄して空いたスペースに新しいメンバーを追加する。というわけで園芸店に買い出しに行く。なんとなく想像がつくけど、園芸店というのは郊外にありがちなので、行くのがしんどい。なぜならばうちは車がないからだ。結果、自転車で行くことになる。一度は1歳半の下の息子を載せて行った。ヤツは自転車に乗るなり寝はじめて、園芸店についても寝てた。仕方がないのでヤツを肩に担いで、園芸店で買い物をした。つるバラ、ジャスミン、コキア。知識がないから、適当に買う。いつ咲くのか、咲かないのか、強いのか、弱いのか。全部適当。そんなことをやってどうにか庭の空きスペースを埋めた。
 ひとつ、大きめの植木鉢があって、かつてはパンジーがぎっしり植えられていたがすべて朽ちた。それを埋めようと初めて寄植えに挑戦した。白に紫縁のトルコキキョウになんか白い葉っぱと、薄紫のセージ。寄植えをして気づいたんだけど、寄植えはすごく恥ずかしい。なんか、自分の作品感が普通の庭より強くて、なんか、めちゃくちゃ恥ずかしいな。
 まあ、誰も気にしないと思うから、暫くこのままで行くけど。
 でも、おかげで毎朝庭を見るようになった。植えた草木の様子も気になるし、もっと庭をかっこよくしたい。

 

JOKERみた。

JOKER を観た。
主人公のアーサーがマジでキモいとおもった。のでホアキン・フェニックスの役作りは最高に良かった。あの不思議なダンスは覚えたい。
いろいろ観てて気になることはあった。
まずマーレイは射殺されたんだけど、(他のレビューで見かけたように)そんなに嫌なヤツだったかな、ということ。ジョーカーとして出演したアーサーがヤバい発言を繰り返す事に対して、マーレイは番組として成立させようと様々なフォローをしている。遡れば、出演前にアーサーがマーレイをファーストネームで呼ぶこともゆるしてるし。そう考えると、アーサーがJOKERになったのは、母親を殺した時点がステップ1で、マーレイを殺したのがステップ2じゃないかな。まず母親を殺すことで自分の守るべきものをすべて消し去って、いわゆる「無敵」状態になったのがステップ1。そのあとにテレビ番組に出演しながら、その番組をぶち壊して、世間に宣戦布告をするのがステップ2。2つのステップでJOKERが成立したと。だからマーレイは社会的な文脈の代表としてJOKERの前にに出現した。だからマーレイは別にやな奴じゃなくても殺されたということですな。で、彼を殺すことで思想のない純粋な暴力というJOKERのアイデンティティを獲得したと。
他に気になったのは

  • ブルース・ウェインの着ているキャメル色のコートがめちゃくちゃ高そうだった。
  • ブルース・ウェインは口に指突っ込まれてなんで逃げなかったのか。
  • ブルース・ウェインはなんでセリフがなかったのか。
  • 母親が出す手紙を盗み見するのが遅くないか。
  • 主人公のアーサーは結局ずうっと精神病院の中にいて、全ては彼の妄想だったってことでいいんですよね。

ブルース・ウェインを気にしすぎだろ、おれ。

ちゃ

おくさんは毎日せっせと麦茶かそれに似た何茶を毎日沸かしてる。それを飲むときに飲んでいいかとひと声かけるんだけど、なんで許可を取るのかと聞かれたことがある。奥さんが入れたを勝手に飲んだら悪いかと思ったんだけど、おくさんからすると奇妙に見えたらしい。黙って飲んでよかったのか。おくさんがいれたお茶は誰のものなんだろう。

次男はお茶と覚えたらしく、夜中にいきなり「ちゃ!ちゃ!」と起き上がる時があって怖い。

足底腱膜炎なるもの

 公園に行って、子供を追いかけてたら右足の踵あたりが痛くなったのが、ゴールデンウィークあたり。それから仕事が致死量を超えていたので放置していたけれど、それなりに落ち着いてきたので病院に行ってきた。

 病院はきれいな個人医院で、仕様のゆるい予約システムに翻弄されて30分ほど待った。先生に足を見せるも、レントゲンと欄とわからんということで撮影。足のレントゲンって初めて撮った。

 結果は足底腱膜炎とのこと。運動不足のおっさんが、合わない靴で急に運動するとなるらしい。足の裏の筋が炎症を起こしていて、歩きはじめが痛い。薬は出されず、それに関するパンフレットと土踏まずに当てるサポーターを貰って帰宅。

 長男は活字中毒っぽいところがあって、今回も件のパンフレットを熟読したらしい。だから事あるごとにストレッチをしたかと聞いてくる。おれは心配されている。

休み

 おくさんが子供2人を連れて一泊の旅行に行くと。そのあいだに仕事はあるが、午後半日が自由時間となった。で、何をするか。子供ができて5年経って、その間に一人でやりたいことはどんどん減っていく。それに何かをするのが面倒にもなっていく。あまりお金も使いたくないし。

 映画を観るなら「ロケットマン」だけど、時間が合わない。夜9時からのレイトショーじゃあ、明日の朝起きられないかも。最近流行りのサウナにでも行って整えるかと思ったが、最近、風呂が面倒くさい。加齢かも。美術館も調べるのが面倒くさい。あとなんだっけ、おれ、何が好きだったっけ?

 そうして結局、おくさんが嫌いなうなぎを食べて、家に帰ってAbema.tvで麻雀を見て、飲めないビールを飲んで寝た。結局おっさんの休日はこうしてつまらない内容に収まっていくんだ。つまらないおっさんは最初からつまらないんじゃなくて、自分が何を好きだったかを忘れ、さらに腰が重くなってつまらないおっさんになるんだな。